変形性膝関節症の痛みと軟骨との関係とは? ロコモティブシンドロームとの関係もあり?!

スポンサーリンク

この記事は約 8 分で読めます。

膝の内側が痛む人は多いのではないでしょうか?

膝痛1

膝の内側が痛む原因として、変形性膝関節症があります。

 

変形性膝関節症は膝が変形し軟骨がすり減ってしまうことで、膝の内側が痛くなります。

 

これは65歳以上の人に多く、高齢化社会を迎えた現在の日本では膝疾患のうちで最も多い疾患となっています。

 

今回は痛みと軟骨の関係変形性膝関節症の症状痛みがでる場所ロコモとの関係ついてもご紹介します!

 

変形性膝関節症とは?

 

変形性関節症とは関節の軟骨がすり減ったり、関節を構成する組織が年齢共に変化し軟骨や骨が破壊等を起こし、結果として起こる疾患です。

 

日本には膝に痛みを訴える人は820万人います。

ちなみに日本の人口は1億2689万人(H26)

 

計算すると…日本人の15人に1人は膝に痛みを抱えています。

 

さらにこれを65歳以上の高齢者でみてみましょう。

65歳以上の人口は3296万人(H26)

 

計算すると…65歳以上の高齢は4人に1人の割合で膝に痛みを抱えています。

 

これに加えレントゲン画像上で膝に変形がある人は2400万人に及ぶとされています。

日本の人口で計算した場合、5.3人に1人の割合で膝のレントゲン写真で初見がみられます。

 

このことからも非常に変形性膝関節症は身近な疾患であり、誰しもがなる可能性がある疾患でもあります。

 

そのため変形性膝関節症について知るということは、とても重要なことです。

 

変形性膝関節症は女性に多く、男女比は1:4となっています。

 

変形性膝関節症には一次性と二次性に分けられます。

  

一次性と二次性の原因とは?

 

一次性とは原因がはっきりしていないもの。

年齢や肥満などのさまざまなことが重なり変形性膝関節症に至ります。

 

二次性とは、何か原因がありそれに関連して発症することです。

そのため二次性は骨折や半月板損傷、外傷などに起因し変形性膝関節症に至ります。

 

一次性と二次性では、一次性変形性膝関節症の方が多く約9割をしめています。

 

症状とは?

 

変形性膝関節症の症状についてご紹介します。

・膝の内側が痛い

・膝に水がたまる

・歩き始めが痛い

・階段が痛い

・立って仕事をしていると痛い

・膝がO脚

・歩いていて膝が外側に動揺する

 

など症状として聞かれることが多いです。

 

これに当てはまる人は変形性膝関節症の可能性が考えられます。

 

膝に痛みが出る場所としてこの部分が多いです。

膝痛

 

この部分は関節のつなぎめで大腿骨と脛骨の間です。

 

この部分の軟骨がすり減り痛みが出ることが多いです

イラストで見てみましょう。

膝解剖

 

 

診断とは?

 

主に患者さんから症状を聞いたり、レントゲン検査や血液検査などの結果を踏まえて診断がつきます。

 

レントゲン画像についてご紹介します。

レントゲンでは骨棘の形成、関節裂隙、関節の変形具合などをみています。

引用1)

TKA

 

関節の変形具合を見る時に、FTAという膝の角度を測る基準を使用します。

 

FTAの正常は175前後で、内反変形(O脚)の場合にこの角度が180°以上となります。

 

詳しい測定方法はこちらでご紹介しています。

ご興味がある方はご覧ください。→FTAについてはこちらです。

 

一般的によく用いられている重症度分類はKellgren-Lawrence分類です。

引用1)

KL分類

 

Kellgren-Lawrence分類

Grade1:関節裂隙の狭小化を伴わず、わずかな骨棘形成。または軟骨下骨硬化を認める

Grade2:関節裂隙の狭小化(25%以下)を認めるが骨変化はない

Grade3:関節裂隙の狭小化(50~75%)と骨棘形成,骨硬化像

Grade4:骨変化が著しく,関節裂隙の狭小化(75%以上)を伴う

 

治療とは?

 

治療は保存療法と手術療法があります。

保存療法の場合、リハビリを行い膝への負担を減らす治療や練習を行います。

 

手術療法は主に人工膝関節全置換術を行うことが多いです。

人工膝関節全置換術はTotal Knee Arthroplastyといい、TKAと言われます。

 

手術をするケースとしてGrade3以上が適応となることが多いです。

しかし、Gradeが高くても手術を希望されなければ行わない場合もあります。

 

手術を行いわない場合は、外来リハビリ等を行い痛みの軽減や悪化の予防を目的に行います。

 

一度変形を関節を元に戻すことはできないため、リハビリを行ったからといって関節が治るわけではありません。

 

しかしリハビリを行うことで関節にかかる負担を軽減させることはできるため、痛みが軽減することもあります。

 

膝の軟骨と痛みの関係とは?

 

年齢や肥満、O脚が原因で変形性膝関節症になる方が多いです。

 

軟骨は膝の内側と外側の両方にあります。

 

そのためO脚になることで内側の軟骨にばかり負担がかかります。

 

内側の軟骨に負担がかかった状態で、長年生活をすることで軟骨が減り痛みが生じるようになります。

 

軟骨は再生能力が乏しい組織です。

そのため放っておいても痛みは軽減しません。

 

痛みを取り除くためには、リハビリで膝の内側に負担をかけないような体づくりを行ったり、人工膝関節全置換術をして膝自体を変えることを行います。

 

変形性膝関節症とロコモとの関係とは?

 

変形性膝関節症は非常に多い疾患であり、またロコモティブシンドロームと密接に関係しています。

 

よくテレビなどで“ロコモ”と耳にすることがあるのではないでしょうか?

 

ロコモとはロコモティブシンドロームの略です。

 

ロコモは骨・筋・関節・神経などで構成される運動器が原因で移動機能が低下した状態を指します。

 

ロコモは体の悪循環によって起こることで多いです。

その例をご紹介します。

 

変形性膝関節症の人は、膝の内側に痛みが生じることが多いです。

 

痛みが生じると動きたくなくなります。

 

動かなくなることで、体力や筋力が落ちます。

 

これにより、動いたときにさらに膝に負担がかかり痛くなります。

 

すると、さらに動かなくなります。

 

このように膝に痛みがあることで活動量が低下し、さらに痛みが生じるという悪循環になってしまいます。

 

そのため変形性膝関節症とロコモは密接に関わっており、注意しなければなりません。

 

まとめ

今回は変形性膝関節症についてご紹介してきました。

 

変形性関節症とは関節の軟骨が減ったり、関節を構成する組織が年齢共に変化し軟骨や骨が破壊等を起こし、結果として起こる疾患です。

 

膝に痛みを抱えている人は65歳以上の高齢の場合4人に1人の割合でいます。

 

変形性膝関節症は、年齢や肥満などさまざまなことが重なり起こる一次性の変形性膝関節症が多いです。

 

患者さんの訴えとして、『膝の内側が痛い』『膝に水がたまる』『歩き始めが痛い』など聞かれることが多いです。

 

診断は主に患者さんから症状を聞いたり、レントゲン検査や血液検査などの結果を踏まえて診断がつきます。

 

変形性膝関節症の治療として、保存療法と手術療法があります。

 

保存療法の場合、リハビリを行い膝への負担を減らす治療や練習を行います。

 

手術療法は主に人工膝関節全置換術(TKA)を行うことが多いです。

 

変形性膝関節症は非常に多い疾患で、ロコモティブシンドロームに密接に関係しています。

 

膝に痛みがあることで活動量が低下し、さらに痛みが生じるという悪循環になってしまいます。

 

そのため変形性膝関節症とロコモは密接に関わっており、注意しなければなりません。

 

これからどんどん高齢者が増えてきます。

それに伴い変形性膝関節症の方も増えてくると予想されます。

 

変形性膝関節症は高齢者に非常に多い疾患であることや、膝の疾患での割合も高いため知識として知っておく方がいいです。

 

みなさんの膝は痛みはありませんか?

 

参考・引用文献

1)千田益生:変形性膝関節症.JOURNAL OF CLINICAL REHABILITATION21(12):1154-1159, 2012.

2) 王寺享弘:手術見学! 人工膝関節全置換術.整形外科看護20(1): 26-34, 2015.

コメントを残す




nine + 9 =