赤ちゃんの靴(ベビーシューズ)の選び方とは?! ファーストシューズやサイズについてもご紹介!

スポンサーリンク

ベビーシューズを買うときに迷った経験はありませんか。

大人と違って子どもの足は柔らかいため、ベビーシューズ選びはとても大切です。

今回はベビーシューズの種類選び方についてご紹介します。

「赤ちゃんの靴(ベビーシューズ)の選び方とは?! ファーストシューズやサイズについてもご紹介!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

足の形は3種類?! エジプト型・ギリシャ型・スクエア型と適した靴をご紹介!

スポンサーリンク

足の形にはエジプト型ギリシャ型スクエア型の3種類あり、日本人の約8割がエジプト型です。

足の形に合った靴を履かないと外反母趾や変形が起こり痛みが生じます。

今回は足の形靴を選ぶときの注意点についてご紹介します。

「足の形は3種類?! エジプト型・ギリシャ型・スクエア型と適した靴をご紹介!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

ハイヒールは足や膝へ悪い影響あり?! 痛くならない予防方法を紹介!

スポンサーリンク

街ではハイヒールを履いた女性を多くみかけます。

ハイヒールを履くことで脚を綺麗に魅せる効果はありますが、実は足裏や膝関節には悪い影響がおよび痛みが生じることがあります。

今回はハイヒールによる足裏(足部)や膝関節への影響予防方法についてご紹介します。

「ハイヒールは足や膝へ悪い影響あり?! 痛くならない予防方法を紹介!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

4種類のペインスケール(痛み)の評価とは?! NRS,フェイススケール, VASをご紹介!

スポンサーリンク

治療をする過程で痛みの変化を知ることはとても重要です。

しかし、痛みを表現することはとても難しいですよね。

こんなときにペインスケール(痛みスケール)を使うと、誰でも簡単に痛みを表現でき評価をすることができます。

今回は簡単にできるペインスケール・評価についてご紹介します。

「4種類のペインスケール(痛み)の評価とは?! NRS,フェイススケール, VASをご紹介!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

高齢者の自宅での転倒場所とは?! 玄関やトイレ、浴室を手すりや福祉用具で予防!

スポンサーリンク

大腿骨頸部骨折や大腿骨転子部骨折は高齢者でとても多い骨折です。

退院後の生活で転倒リスクの軽減や介護量を軽減させるために、ご自宅の環境調整やサービス利用がとても重要です。

今回はご自宅で生活するにあたり、環境調整(手すり、福祉用具)サービス利用のポイントをご紹介します。

「高齢者の自宅での転倒場所とは?! 玄関やトイレ、浴室を手すりや福祉用具で予防!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等