変形性股関節症の関節への負担の減らし方とは?! 痛みやストレッチ方法についてもご紹介!

スポンサーリンク

変形性股関節症は50〜60歳代の女性に多い疾患です。

症状として股関節が痛くて歩くことが大変な方が多いです。

変形性股関節症は股関節への負担を軽減することがとても重要です。

 

今回は変形性股関節症の詳細関節への負担の軽減の仕方痛みやトレーニング方法についてご紹介します。

「変形性股関節症の関節への負担の減らし方とは?! 痛みやストレッチ方法についてもご紹介!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

股関節内転筋のストレッチを効果的に行うには?! 解剖学や働きについてもご紹介!

スポンサーリンク

太ももの内側にある筋肉を内転筋と言います。

内転筋はとても硬くなりやすいためストレッチが重要です。

特にスポーツトレーニング後、股関節の手術後や変形性股関節症の方は硬くなりやすいです。

 

今回は股関節内転筋の効果的なストレッチ方法解剖学や作用についてご紹介します。

「股関節内転筋のストレッチを効果的に行うには?! 解剖学や働きについてもご紹介!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

カラダの重心の位置はどこ?上半身と下半身の質量中心の位置もご紹介!

スポンサーリンク

重心ということばをよく聞くことがあるのではないでしょうか?  

カラダの重心はおヘソよりやや下にあります。  

重心はとても重要で重心の位置によって関節への負担の量が変わってきます。  

 

今回はカラダの重心の説明股関節の負担のかかるカラダの重心の位置についてご紹介します。
「カラダの重心の位置はどこ?上半身と下半身の質量中心の位置もご紹介!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

CE角やSharp角の測定方法や正常値をご紹介!臼蓋形成不全と関係?!

スポンサーリンク

股関節のレントゲンを診る際に、よく用いられる基準としてCE角とSharp角があります。

初めて聞く方もいらっしゃるかと思いますが、非常に重要な基準です。

これは股関節の臼蓋形成不全の指標になり、必ず股関節のレントゲンをチェックする際は用いられています。

 

今回は、CE角とSharp角の診かた正常値臼蓋形成不全との関係についてご紹介します。

「CE角やSharp角の測定方法や正常値をご紹介!臼蓋形成不全と関係?!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

股関節の特に重要な解剖学とは?!筋肉や血行、関節唇などをご紹介します!

スポンサーリンク

股関節はカラダの中で特に重要な関節です。

股関節には安定性を向上させる関節唇や筋肉、大腿骨頭へ血液を供給する血管など重要な組織が多くあります。

 

今回は股関節の中で特に知っておくべき重要ポイントをご紹介します。

 

「股関節の特に重要な解剖学とは?!筋肉や血行、関節唇などをご紹介します!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等