坐骨神経痛の原因は梨状筋症候群?! 簡単に自分でできる治療法をご紹介!

スポンサーリンク



この記事は約 5 分で読めます。

“坐骨神経痛”という言葉をよく耳にすることがあるのではないでしょうか?

f5384eb6b70aac03bc3eb25196ee1e35_s

坐骨神経痛で悩まれている方は大勢いると思います。

 

坐骨坐骨神経痛の治療は主にブロック注射、服薬、そして運動療法があります。

 

 

実は自宅で簡単に坐骨神経痛を治療できる方法があります。

今回はその方法についてご紹介いたします。

 

坐骨神経はどこにあるの?

 

坐骨神経は人体最大の神経で、お尻の奥の方にある神経です。

 スライド2

スライド1

 

お尻には大臀筋という大きな筋肉がついています。

その大臀筋の下に梨状筋があり、その下に坐骨神経があります。

 

坐骨神経痛とはなに?

 

そもそも坐骨神経痛とはなんなのでしょうか?

 

坐骨神経痛とは坐骨神経にそった痛みもしくはその領域の痛みの総称です。

痛みの多くはお尻から太ももの後ろにみられることが多いです。

 

しかし痛みの場所が同じでも、坐骨神経痛の原因は多くあります

 

坐骨神経痛の原因はなに?

 

坐骨神経痛を伴う疾患は多くあります。

 

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、すべり症、腫瘍、梨状筋症候群などまだまだあります。

要は各疾患が坐骨神経を障害することで坐骨神経痛が出現するということです。

 

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアでは、神経を狭窄や圧迫することで生じます。

 

梨状筋症候群では、梨状筋という筋肉が神経を圧迫することで坐骨神経痛が生じます。

 

そのため坐骨神経痛が出現している原因を見つけ、それに適した治療を行わなければ改善しません。

 

お尻の痛みは同じでも原因が違うため治療方法も違います。

まずは原因を判明させることが大切です。

 

坐骨神経痛を治す方法とは?

 

多くの方は痛いところにシップを貼っているのではないでしょうか。

シップには鎮痛効果があります。

 

しかし、シップはその場しのぎであり根本的な治療にはなりません。

坐骨神経痛を治すためには根本的な原因を治療しなければなりません。

 

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症により坐骨神経痛を生じている場合は、手術やブロック注射を行います。

 

梨状筋症候群は梨状筋により坐骨神経が挟まれているため、梨状筋を緩めることで症状が改善します。

 

坐骨神経痛がある人は、まず梨状筋を緩め症状の変化をみてください。

症状が変わる場合は継続してみましょう。

 

症状が変わらない方は、梨状筋症候群ではなく椎間板ヘルニアなどの可能性があるため、受診をお勧めします。

 

では、簡単にできる梨状筋症候群の治療をご紹介します。

 

梨状筋症候群による坐骨神経痛の治療法とは?

 

 

スライド1

 

画像からわかるように坐骨神経は梨状筋の下にあります。

そのため梨状筋が固くなることで下の坐骨神経が圧迫され坐骨神経痛が出現します。

 

この梨状筋を緩めることで坐骨神経の圧迫が解消され、結果として坐骨神経痛が軽減されます。

 

梨状筋はお尻の奥の方の筋肉です。

そのため一人で梨状筋を押すのは難しいです。

 

このときに使うアイテムがこれです!

 

c6c9ce25f6f9dd71834e6be2b7b08b7e_s

 

仰向けになり、お尻の下にテニスボールを入れます。

入れる位置は坐骨よりやや上あたりです。

ポイントは梨状筋にボールが当たるようにセットします。

入れてみるとわかると思いますが、梨状筋は痛いことが多いです。

その痛いところを集中的に行います。

 

しばらくボールに体重を乗せていると徐々に痛みが和らいできます。

 

これで坐骨神経痛が治れば、梨状筋症候群によるものです。

もしこれであまり改善しないようであれば、受診をお勧めします。

 

スポンサーリンク



まとめ

 

坐骨神経痛になっている方は大勢います。

 

坐骨神経痛にも多くの原因があり、症状が同じでも原因が違うことがあります。

そのため原因にあった治療を行っていく必要があります。

 

坐骨神経痛の原因の一つに梨状筋症候群があります。

梨状筋が固くなることで、梨状筋の下を走行する坐骨神経が圧迫され症状がでます。

 

硬い梨状筋に対しテニスボールで押すことで梨状筋が柔らかくなり、結果として坐骨神経の圧迫が軽減され坐骨神経痛が軽減してきます。

 

坐骨神経痛がある方は、一度テニスボールを試してみてはいかがでしょうか?

 

【必見】オススメ記事はこちら

他の記事検索はこちらをどうぞ!

コメントを残す




19 − six =