足のアーチを鍛える方法とは?! アーチの構造や働きもご紹介!

スポンサーリンク

 

みなさんの足の裏はへこんでいますか?

足の裏のへこみを”アーチ”といい、とても重要な働きをしています。

今回は足のアーチの構造働きトレーニング方法についてご紹介します。

「足のアーチを鍛える方法とは?! アーチの構造や働きもご紹介!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

カラダの重心の位置はどこ?上半身と下半身の質量中心の位置もご紹介!

スポンサーリンク

重心ということばをよく聞くことがあるのではないでしょうか?  

カラダの重心はおヘソよりやや下にあります。  

重心はとても重要で重心の位置によって関節への負担の量が変わってきます。  

 

今回はカラダの重心の説明股関節の負担のかかるカラダの重心の位置についてご紹介します。
「カラダの重心の位置はどこ?上半身と下半身の質量中心の位置もご紹介!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

CE角やSharp角の測定方法や正常値をご紹介!臼蓋形成不全と関係?!

スポンサーリンク

股関節のレントゲンを診る際に、よく用いられる基準としてCE角とSharp角があります。

初めて聞く方もいらっしゃるかと思いますが、非常に重要な基準です。

これは股関節の臼蓋形成不全の指標になり、必ず股関節のレントゲンをチェックする際は用いられています。

 

今回は、CE角とSharp角の診かた正常値臼蓋形成不全との関係についてご紹介します。

「CE角やSharp角の測定方法や正常値をご紹介!臼蓋形成不全と関係?!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

Q角の正常値や測定方法をご紹介! 膝蓋骨脱臼の予防や内側広筋との関係も解説します!

スポンサーリンク

Q角はFTAやミクリッツ線と似ていますが、まったくの別物です!

Q角は大腿四頭筋が膝蓋骨を外側へ引っ張る角度のことです。

 

今回はQ角の正常値や測定方法Q角拡大の対処方法膝蓋骨脱臼や内側広筋、knee-in動作との関係についてご紹介します。

「Q角の正常値や測定方法をご紹介! 膝蓋骨脱臼の予防や内側広筋との関係も解説します!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

大腿骨の前捻角と頸体角をご紹介! 内股は骨のねじれが原因?!

スポンサーリンク

太ももの骨である大腿骨はまっすぐではなく角度がついていたり捻れています。

内股

 

この角度のことを頸体角や前捻角といいます。

 

今回は頸体角前捻角について内股の原因についてご紹介します。

「大腿骨の前捻角と頸体角をご紹介! 内股は骨のねじれが原因?!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等