変形性股関節症や臼蓋形成不全の方はスポーツできる?! ストレッチや筋トレもご紹介!

スポンサーリンク

先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全、変形性股関節症の方はスポーツをしない方がいいのでしょうか。

このような股関節疾患とスポーツ活動の報告は少ないのが現状です。

今回は股関節疾患とスポーツについて考え、ストレッチ筋トレもご紹介します。

「変形性股関節症や臼蓋形成不全の方はスポーツできる?! ストレッチや筋トレもご紹介!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

ジョーンズ骨折(第5中足骨基部疲労骨折)の症状や手術とは?!手術後のリハビリや予防方法についてもご紹介!

スポンサーリンク

ジョーンズ骨折は足の指の骨折で、スポーツをしている方は必ず知っておくべき骨折です。

特にサッカー、バスケ、ラグビーをされている方は要注意です。

今回はジョーンズ骨折の症状原因手術後のリハビリ予防方法についてご紹介します。

「ジョーンズ骨折(第5中足骨基部疲労骨折)の症状や手術とは?!手術後のリハビリや予防方法についてもご紹介!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

腸脛靭帯炎のストレッチ方法や原因とは?!腸脛靭帯炎は別名ランナー膝ともいいます!

スポンサーリンク

ランニングをしていて太ももの横が痛くなったことはないでしょうか?

これは腸脛靭帯炎という症状です。

腸脛靭帯炎は別名ランナー膝といい名前のごとくランナーに多い疾患であり、オーバーユースにより引き起こされます。

 

今回はランナー膝の発症原因や症状再発予防や治療方法についてご紹介します。

「腸脛靭帯炎のストレッチ方法や原因とは?!腸脛靭帯炎は別名ランナー膝ともいいます!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

膝蓋骨脱臼の原因や予防方法とは?! 内側膝蓋大腿靭帯(MPFL)再建術についてもご紹介!

スポンサーリンク

実は膝のお皿も肩と一緒で脱臼することがあります!

膝のお皿のことを膝蓋骨といいます。

膝蓋骨脱臼は特に思春期の女子に多くみられます。

膝に不安がある方は一度この記事に目を通していただくことをお勧めします。

 

今回は膝蓋骨脱臼受傷場面トレーニング方法内側膝蓋大腿靭帯(MPFL)再建術についてご紹介します。

「膝蓋骨脱臼の原因や予防方法とは?! 内側膝蓋大腿靭帯(MPFL)再建術についてもご紹介!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

膝関節の内側側副靭帯損傷の原因や治療をご紹介! ラグビーやサッカー選手は必見です!

スポンサーリンク

内側側副靭帯は膝関節の内側で最も重要な靭帯です。

内側側副靭帯損傷は膝の靭帯損傷の中で高頻度にみられ、ラグビーやサッカーで多く起こります。  

今回は内側側副靭帯の機能解剖学受傷原因手術療法や保存療法についてご紹介します。
「膝関節の内側側副靭帯損傷の原因や治療をご紹介! ラグビーやサッカー選手は必見です!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等