脳震盪は記憶の低下や意識障害がなくても生じる?! 意識障害の評価を大公開!

スポンサーリンク

脳振盪(脳震盪)=意識消失というイメージですが、実は意識障害がなくても脳振盪を起こしている可能性があります。

今回は、意識障害の評価と、意識障害がない場合の脳振盪の鑑別方法をご紹介します。

「脳震盪は記憶の低下や意識障害がなくても生じる?! 意識障害の評価を大公開!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

SIDE(バランス評価)の検査のやり方とは? 転倒リスクを簡単にチェック!図で方法をご紹介!

スポンサーリンク

バランス能力や転倒リスクを誰でも簡単に調べられる最近流行りの検査法『SIDE(サイド)』を知っていますか。

ご自宅でも簡単に行えるテストのため、知らない人は要チェックです。

今回はSIDE(サイド)検査の方法注意点手順を図でご紹介します。

「SIDE(バランス評価)の検査のやり方とは? 転倒リスクを簡単にチェック!図で方法をご紹介!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

10m歩行のカットオフ値(基準値)とやり方を徹底解説! 目的や文献の歩行速度をご紹介!

スポンサーリンク

バランス能力を簡単に調べる方法の一つに10m歩行テストがあります。

10mを歩く速度などを計測し、ある基準を目安にバランスの良し悪しや、歩行自立を判断します。

今回は10m歩行のやり方カットオフ値(基準値)10m歩行と日常生活の関係についてご紹介します。

「10m歩行のカットオフ値(基準値)とやり方を徹底解説! 目的や文献の歩行速度をご紹介!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

効率の良い歩行と重心移動の関係とは?! 長距離歩行にも関係!

スポンサーリンク

体にとって効率よく楽な歩き方があることをご存知ですが? 歩行効率

 

効率よく歩くことで体への負担やエネルギー消費を抑えることができます。  

 

エネルギー消費を抑えることで結果として長距離の歩行が可能となります。  

 

今回は効率よく長い距離を歩くために重要な重心移動についてご紹介します。 「効率の良い歩行と重心移動の関係とは?! 長距離歩行にも関係!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

杖の基本的な正しい使い方とは?! 杖の高さ調整、安全な杖の持ち方をご紹介!

スポンサーリンク

みなさんは杖の正しい使い方を知っていますか?

多くの方は、杖は体重を支えるものと思っているのではないでしょうか。

実は杖は体重をかけ支えるものではありません。

杖を正しく使えば歩く際の安定性は良くなりますが、間違った使い方をすると転ぶ可能性があります。

今回は杖の使用目的正しい杖の使い方握り方杖の高さ調整についてご紹介します。

「杖の基本的な正しい使い方とは?! 杖の高さ調整、安全な杖の持ち方をご紹介!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等