筋(すじ)の本当の正体とは?! 筋(スジ)と筋肉の違い、腱と靱帯との違いをご紹介!

スポンサーリンク

“手足の筋(すじ)が痛い”、“すじが張っている”と一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

しかし、実は人のカラダに“スジ”というものはありません。

今回は“すじ”の正体筋肉と腱の違い靱帯と腱の違いについてご紹介します。

「筋(すじ)の本当の正体とは?! 筋(スジ)と筋肉の違い、腱と靱帯との違いをご紹介!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

アキレス腱滑液包炎の痛みを改善させる5つのポイントとは?! かかとの痛みの原因や治療、症状、サポーターを大公開!

スポンサーリンク

“かかとの痛み”はアキレス腱滑液包炎かもしれません。

運動をして痛い人、パンプスやヒールを履いて痛い人、歩いて痛い人は要注意です。

今回はアキレス腱滑液包炎症状原因治療痛みの改善方法についてご紹介します。

「アキレス腱滑液包炎の痛みを改善させる5つのポイントとは?! かかとの痛みの原因や治療、症状、サポーターを大公開!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

足首の骨折後はどのくらいで歩ける?! 元通りに歩ける? リハビリの進め方もご紹介!(足関節骨折)

スポンサーリンク

 

足首の骨折をすると ”どのくらいで歩けるようになるのか” 気になりますよね。

私も多くの方から、このようなご質問をよく聞かれます。

今回はそんな疑問にお応えし、足首の骨折後はどのくらいで歩けるようになるのかちゃんと歩けるようになるのかご紹介します。

「足首の骨折後はどのくらいで歩ける?! 元通りに歩ける? リハビリの進め方もご紹介!(足関節骨折)」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

足首の骨折や捻挫でアイシングは禁止?! 知らない方は要注意! 腫れてる時の処置方法もご紹介!

スポンサーリンク

足首の骨折の手術や捻挫をした際にアイシングをされている方は多いのではないでしょうか。

実は足首の場合、アイシングはオススメできません。

今回は足首のケガや手術の後にアイシングをオススメできない理由アイシング以外での対処方法についてご紹介します。

「足首の骨折や捻挫でアイシングは禁止?! 知らない方は要注意! 腫れてる時の処置方法もご紹介!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

【最新】アイシングには効果がない・悪化するって本当?! 注意しなければならない2つのポイントとは?

スポンサーリンク

 

アイシングはよくスポーツ現場や炎症症状に対して行われる身体ケアの一つです。

昔から炎症症状に対してゴールデンスタンダードとしてアイシングをガンガン行ってきましたが、昔のように行っていると悪化することがあります。

今回はアイシングの善悪悪い理由アイシングの2つのポイントについてご紹介します。

「【最新】アイシングには効果がない・悪化するって本当?! 注意しなければならない2つのポイントとは?」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等