高齢者に多い骨折の手術から退院までのリハビリや流れについてご紹介! 大腿骨頸部骨折をした方必見です!

スポンサーリンク

初めて入院しリハビリを受ける方は退院までの流れがわからない人が多いのではないでしょか?

実際に入院してきた方からも「わからない」と聞かれることが多々あります。

今回は大腿骨頸部骨折をし手術後をした場合の、入院から自宅退院までリハビリや流れの一例をご紹介します。

「高齢者に多い骨折の手術から退院までのリハビリや流れについてご紹介! 大腿骨頸部骨折をした方必見です!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

手術後は炎症と血液検査が重要です! 整形外科の手術後の炎症症状や対応法についてご紹介します。

スポンサーリンク

入院中に採血を何度も採ったことがあるのではないでしょうか?

 

整形外科の手術後の血液検査はとても重要です。血液検査

手術後の炎症症状や貧血を把握するために採血を行っています。

 

今回は炎症や貧血の血液検査について患者さんが炎症症状を把握しておかなければいけない理由についてご紹介します!

「手術後は炎症と血液検査が重要です! 整形外科の手術後の炎症症状や対応法についてご紹介します。」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

効果的なタオルギャザーについてご紹介します! ”正しいやり方”や”目的”はこちらです!

スポンサーリンク

 

タオルギャザーとは、タオルを足の指で引き寄せるトレーニングです。

 

タオルギャザーは転倒リスクを軽減させる効果があります。

また、足関節の骨折やアキレス断裂の手術をされた方にも効果的なトレーニングです。

 

今回はタオルギャザー正しいやり方目的についてご紹介します。

rp_53749112fb2db58e3bac8f8afe761b8c-300x200.jpg

「効果的なタオルギャザーについてご紹介します! ”正しいやり方”や”目的”はこちらです!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

膝関節の内側側副靭帯損傷の原因や治療をご紹介! ラグビーやサッカー選手は必見です!

スポンサーリンク

内側側副靭帯は膝関節の内側で最も重要な靭帯です。

内側側副靭帯損傷は膝の靭帯損傷の中で高頻度にみられ、ラグビーやサッカーで多く起こります。  

今回は内側側副靭帯の機能解剖学受傷原因手術療法や保存療法についてご紹介します。
「膝関節の内側側副靭帯損傷の原因や治療をご紹介! ラグビーやサッカー選手は必見です!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等

杖の基本的な正しい使い方とは?! 杖の高さ調整、安全な杖の持ち方をご紹介!

スポンサーリンク

みなさんは杖の正しい使い方を知っていますか?

多くの方は、杖は体重を支えるものと思っているのではないでしょうか。

実は杖は体重をかけ支えるものではありません。

杖を正しく使えば歩く際の安定性は良くなりますが、間違った使い方をすると転ぶ可能性があります。

今回は杖の使用目的正しい杖の使い方握り方杖の高さ調整についてご紹介します。

「杖の基本的な正しい使い方とは?! 杖の高さ調整、安全な杖の持ち方をご紹介!」の続きを読む

理学療法士として、医療機関で多くの方のリハビリを行っており、のべ1万5千人以上の方のリハビリ実績があります。理学療法士の視点から、カラダの痛みやトラブルを改善できるように、最新の医療業界の情報やセルフエクササイズなどを根拠やエビデンス、ガイドラインに基づきご紹介します。

〜所有資格〜
✓理学療法士 ✓3学科呼吸療法認定士 ✓認定理学療法士 ✓地域包括推進リーダー ✓介護予防推進リーダー ✓福祉住環境コーディネーター2級 等