爪の白い縦線や割れる原因とは?! 必ず抑えるべきケアのポイントをご紹介!

この記事は約 4 分で読めます。

足の爪の縦線や割れるんを防ぐには、必ず抑えるべきポイントがあります。

今回は爪の構造役割爪のケア方法をご紹介します。

 

普段、なにげなく切っている爪ですが、爪の役割やケアを知っている方は少ないのではないでしょうか。

それではさっそくご紹介していきます。

 

スポンサーリンク



爪の構造とは?

まずは簡単に爪の構造についてご紹介します。

 

爪はケラチンという硬いタンパク質によって作られています。

爪は1日に0.1mm伸びると言われていますが、20代で最も伸びるスピードが早く、50歳をすぎると伸びるスピードが遅くなってきます。

 

爪には主に5つの部位から構成されています。 

〜爪の構造〜

 爪甲(そうこう):指先の半透明の部分

 爪床(そうしょう):爪甲の下にある皮膚の部分。

 爪郭(そうかく):爪甲の周りの皮膚の部分。

 爪母(そうぼ):爪甲の根本で爪甲を形成する部分

 爪上皮(そうじょうひ):爪の根本でわずかにおおっている部分

 

 

爪の役割とは?

爪には重要な4つの役割があります。

 

〜4つの役割〜

 歩行時に地面から受ける力を伝達する

 指先の保護

 体重を支える

 物をつまむ

 

このような役割があります。

 

地面から受ける力は指の腹の部分にかかります。

これに対し指の腹の反対側に爪があることで、地面から受ける力のバランスを取ることができます。

 

これにより歩行や立位で地面から受けた力を効率よく伝達することが可能です。

これは物をつまむときも同じですね。

 

この他の役割として爪の保護もあります。

 

爪の切り方とは?

みなさんはどのように爪を切っていますか。

皮膚ギリギリまで爪を切っている方が多いのではないでしょうか。

 

爪を切るポイントは、爪甲先端が指の先端を超える長さにすることです。

 

意外と下のイラストのように爪を切っている方も多いのではないでしょうか。

実はこの切り方はよくなく深爪状態です。

 

爪の縦線や割れるの防ぐには?

爪のケアをしっかりとできていますか。

爪をキレイに保つには保湿が大切です。

 

爪も肌と同じで乾燥します。

特に冬の季節は注意が必要です。

 

乾燥した爪は、縦に薄い白い線が入ったり、すぐ割れたりしてしまします。

みなさんが悩んでいる症状ですよね。 

 

この悩みを解決するポイントは保湿です。

きれいな爪を保つためにも、特に女性の方は爪の保湿ケアをしっかりとしましょう。

 参考に保湿アイテムとしてクリームがあります。

スポンサーリンク



まとめ

今回は爪の構造や役割、ケアについてご紹介してきました。

普段、何気なく切っている爪ですが、切り方や保湿ケアのポイントをしっかりと抑えましょう。

 

きれいな爪を保つためにも、しっかりと対応しましょうね。

スポンサーリンク



関連記事

お問い合わせはこちらからどうぞ。

他の記事検索はこちらをどうぞ!

コメントを残す




two + fifteen =