上肢の上腕骨や前腕(橈骨・尺骨)の骨構造をイラストでわかりやすくご紹介!

スポンサーリンク



この記事は約 4 分で読めます。

“うで(腕)”や“手”は人間のカラダで大切な部分です。

物を持ったり、食事をしたりする際に必ず使うのが“腕”や“手”になります。

今回は人間でとても重要な“腕や手(上肢)”の上腕骨前腕骨構造について、イラストを用いてわかりやすくご紹介します。

上肢 構造

 

腕は何本の骨でできているか存じですか?

2本と思う方もいると思いますが、実は3本の骨によって構成されています。

 

この3本の骨によって肘が伸びたり曲がったりし、腕が動きます。

今回は上肢(じょうし)である腕や手の骨の構造についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク



上肢の構造とは?

“腕”や”手”は上肢(じょうし)とも呼ばれ、肘から上を上腕(じょうわん)、肘から下を前腕(ぜんわん)、手部に分けられます。

 

上腕は上腕骨(じょうわんこつ)、前腕は橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃっこつ)、手部は27個の小さい骨によって構成されています。

上肢 全体

 

上腕骨の構造とは?

上腕骨は1本の長くて太い骨です。

上腕骨の上の丸い部分を上腕骨頭(じょうわんこっとう)といい、肩甲骨と接地することで肩関節(肩甲上腕関節:けんこうじょうわん関節)を構成します。

上腕骨 骨 

上腕骨頭の外側には、大結節(だいけっせつ)小結節(しょうけっせつ)という山のような出っ張りがあります。

 

この大結節や小結節には重要な筋肉であるローテーター・カフがつきます。

ローテーター・カフは肩関節を安定させるためのインナーマッスルとして働きます。

 

ローテーター・カフの4つの筋肉

・棘上筋(きょくじょう筋)

・棘下筋(きょくか筋)

・小円筋(しょうえん筋)

・肩甲下筋(けんこうか筋)

 
右肩 前

右肩 後ろ

 

上腕骨の真ん中あたりには三角筋粗面(さんかくきんそめん)があり、名前からも想像がつくようにこの部分には三角筋がつきます。

三角筋粗面

 

上腕骨の下側にある内側と外側の出っ張りを、それぞれ内側上顆(ないそくじょうか)外側上顆(がいそくじょうか)といいます。

 

上腕骨の下にある真ん中の部分が、上腕骨小頭(じょうわんこつしょうとう)上腕骨滑車(じょうわんこつかっしゃ)です。

 

内側上顆の後ろには尺骨神経が通る尺骨神経溝(しゃっこつしんけいこう)があります。

 

肘の内側をデコピンすると腕がジーンと痛くなりますよね。

みなさんも一度は体験したことがあるのではないでしょうか。

これが尺骨神経です。 尺骨神経

 

ここまでご紹介してきた部分は、最低限上腕骨で抑えておきたい構造の部分になります。

 

スポンサーリンク




前腕の構造とは?

次に前腕の骨の構造についてご説明します。

前腕の骨は橈骨(とうこつ)尺骨(しゃっこつ)から構成されています。

 

手のひらを上にした時に親指側にある骨を橈骨、小指側にある骨を尺骨といいます。

右手

 前腕

 

橈骨の上は橈骨頭(とうこつとう)という丸い部分になり、この周りに靱帯がつくことによって安定しています。

橈骨頭の周りの有名な靱帯には橈骨輪状靭帯(とうこつりんじょう靱帯)があります。

橈骨輪状靭帯

 

橈骨頭の下には橈骨粗面(とうこつそめん)があり、ここには上腕二頭筋が付着します。

橈骨粗面

 

 

尺骨には尺骨粗面(しゃっこつそめん)があり、上腕筋が付着します。

尺骨粗面

 

手部の構造とは?

手部は27個の骨が集まることによって構成されています。

手根骨8個、中手骨5個、基節骨5個、中節骨4個、末節骨5個の計27個です。

手部 

このように多くの骨が集まることで構成されます。

 

スポンサーリンク



まとめ

上肢は上腕と前腕、手部に分けられ、上腕上腕骨、前腕は橈骨や尺骨、手部は27個の骨によって構成されています。

 

上腕骨や橈骨、尺骨、手部の骨は基礎として重要なため、しっかりと抑えておきましょう。

 

イメージするとわかりやすいため、みなさんもイラストを見ながらイメージしてみてくださいね!

 

 

【必見】オススメ記事はこちら

他の記事検索はこちらをどうぞ!

コメントを残す




sixteen − 16 =